生田原神社 (遠軽町)
【所在地】
〒099-0701
紋別郡遠軽町字生田原237番地

【例祭日】
9月20日
【祭神】
大國魂神(おおくにたまのかみ
少彦名神(すくなひこなのかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)

【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 22坪
【境内面積】 2000坪
【氏子世帯数】 1100世帯
【崇敬者数】 3100人
【交通機関】 JR生田原駅下車徒歩10分
【由緒】
 草創期は僅かに住民が小祠を建て祭祀を行っていたが、大正7年相謀りて札幌神社に請願し3柱の大神の御分霊を拝戴し神殿を改築し生田原神社として祀ったことに始まる。昭和8年小森七郎より境内地の寄附を受け、昭和9年11月社殿の新築を行い境内諸般の整備がなされた。昭和12年6月神社の社格が認可され、昭和15年村社に列せられる。昭和21年宗教法人生田原神社とし設立され現在に至る。昭和31年8月西生田原神社(未公認)を合祀した 昭和51年11月現在の神社社務所及び宮司住宅を兼ねて建設した。
【社宝等】
【特殊神事】

【境内外末社】


(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。