上湧別神社 (湧別町)
【所在地】
〒099-6501
紋別郡湧別町上湧別屯田市街地10番地

電話 01586-2-2564
FAX 01586-2-2564

【例祭日】
9月29日
【祭神】
大國魂神(おおくにたまのかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 66坪
【境内面積】 16000坪
【氏子世帯数】 2400世帯
【崇敬者数】 6800人
【交通機関】 JR遠軽駅下車、紋別又北見バスにて約20分 中学校バス停にて下車徒歩3分
【由緒】
 明治30年5月29日、屯田兵制の許に、200戸が移住し、同年11月3日(当時の天長節)本村の中枢たる中央練兵場の一隅に木碑を建立し大国主命を祀り幣帛を捧げ祭典を行なった。爾来毎年祭祀を行って来たが、大正10年7月15日摂政の宮殿下(昭和天皇)の本道行啓を記念として、滋に神社を建立し大正15年9月27日官幣大社札幌神社の御分霊を奉安し、本村の総氏神として崇敬し毎年9月29日(屯田兵移住記念日)を例大祭として祭典を行なってきた。これが昭和3年5月内務省2北社第12号を以て許可せられ、昭和8年11月22日道庁告示第1621号を以て神饌幣帛供進神社に指定された。平成8年9月4日御創祀百年奉祝大祭を斎行した。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
水天宮神社《すいてんぐうじんじゃ》 天御中主神《あめのみなかぬしのかみ》 明治32年9月29日創祀 昭和38年9月1日合祀
八幡神社《はちまんじんじゃ》 応仁天皇 明治36年創祀 老朽に伴い平成20年4月20日上湧別神社に合祀
【社宝等】
【特殊神事】

【境内外末社】
中湧別神社

【その他】
明治30年から始まる開拓時代より現在まで地域の人たちを見守り続けてきた約400年のカシワ樹林があり、この木々の下で屯田兵たちは汗をぬぐい憩いの場とした。平成4年8月11日 北海道指定樹林
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。