八幡神社 (紋別市)
【所在地】
〒099-5355
紋別市上渚滑町更生5番地2

電話 0158-25-2445
FAX 0158-25-2445

【例祭日】
9月15日
【祭神】
応神天皇(おうじんてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
比淘蜷_(ひめおおかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 30坪
【境内面積】 1500坪
【氏子世帯数】 550世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 紋別滝上間バス上渚滑信金前で下車徒歩で10分、紋別札幌間バス旭川紋別間バス上渚滑で下車徒歩で10分
【由緒】
 明治26年、木村嘉永・堀川泰洋等1族が郷里新潟県より移住し、同27年高知県より岩田宗晴等移住した。開拓の困苦を乗り切る為、この3者が相議り、神の加護により開拓の成功を祈願し、移住者の敬神思想と土着・開拓心の涵養並に団結力の強化を計る為、上渚滑村字渚滑原野462番地に小祠を建立し、郷土に於ける信仰の神、応神天皇・神功皇后・比淘蜷_の3柱を遷座しお祀りした。昭和10年、福山直人・東條富一・棚橋米太郎・辰田長吉・勝藤伊勢吉等が中心となり現在地に社殿を造営し現在に至る。昭和16年八幡神社として創立許可される。無格社。昭和19年村社に列し、昭和21年宗教法人となった。
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】
稲荷神社(いなりじんじゃ) 稲荷五柱大神・地神社(じしんしゃ) 天照皇大神他 4柱大神

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。