滝上神社 (滝上町)
【所在地】
〒099-5614
紋別郡滝上町字サクルー原野33番地

電話 01582-9-2227
FAX 01582-9-4413

【例祭日】
9月10日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊受姫命(とようけひめのみこと)
大山祇命(おおやまつみのみこと)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 41坪
【境内面積】 9288坪
【氏子世帯数】 1200世帯
【崇敬者数】 20人
【交通機関】 道北バス滝上栄町下車徒歩5分
【由緒】
 大正2年9月旧士別通り高地を社地と定め、御祭神天照大御神・豊受姫大神の2柱を奉斎し開拓の守護神として創祀された。後に大正7年大山祇大神を勧請合祀し奉った。昭和8年村社創立の議が起こり、天塩岳に源を発する渚滑川とサクルー川の合流する町の中央部、山秀水麗の高地を鎮座地とし、昭和12年社殿を御造営した。昭和21年宗教法人設立。平成5年御創祀80年・御遷座55年を奉祝し社殿御造営期成会が発足されるや、当町を始め全国各地より敬神の念厚き崇敬者の奉賛を得て、平成6年10月神明造りの新社殿が建立された。平成7年1月伊勢神宮より内宮御正殿勝男木・別宮滝原竝宮御鳥居1基を含む22石余を御下賜の誉に浴し、同年8月御鳥居を建立した。
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】
三景天満宮(さんけいてんまんぐう)(山口県防府天満宮分祀)菅原道真公・祖霊社(それいしゃ) 神社神道の御霊・聖徳太子宮(しょうとくたいしぐう)・産土宮(うぶすなのみや)

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。