沙留神社 (興部町)
【所在地】
〒098-1941
紋別郡興部町字沙留327番地

電話 0158-84-2656(雄武神社)
FAX 0158-84-2654(雄武神社)

【例祭日】
9月13日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
【旧社格】

【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 28坪(94.7u)
【境内面積】 4225u
【氏子世帯数】 300戸
【崇敬者数】 
【交通機関】 興部町沙留バス停より歩いて5分
【由緒】
 明治27年頃、藤野又兵衛が沙留で漁場を経営した時、現在の沙留市街地の丘に杭碑を建て天照大神を奉祀した。故郷を遠く離れて北国のこの地に永住した人々は心の寄りどころ、信仰を場としての神社を建立する議が興り、明治33年現在地に社殿を新築し年々盛大に祭典を執行して来た。大正12年4月、山口農場の炭焼小屋より出火した山火事の飛び火に依り社殿を全焼、その後仮殿を建て祭祀を続けて来たが、昭和10年10月町田成朔・清水利吉らが発起人となり皇太子殿下御生誕記念事業として社殿を造営し9月竣工し盛大に鎮座祭を執行した。その後昭和17年、漁業並びに海上安全の守護神である厳島神社の御分霊を拝受すべく神職藤原儀一・総代町田成朔・清水利吉の3人が広島県に出向し奉斎した。昭和21年11月公認神社となり年々祭典を執行した。又境内地に昭和18年稲荷神社を勧請し、神殿を新築し、漁業商業の人々に信仰されている。
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】
稲荷神社(いなりじんじゃ) 稲荷大神(いなりのおおかみ)

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。