西興部神社 (西興部村)
【所在地】
〒098-1421
紋別郡西興部村字西興部102番地

電話 0158-84-2656(雄武神社)
FAX 0158-84-2654(雄武神社)

【例祭日】
9月11日
【祭神】
大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)
大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
少彦名大神(すくなひこなのおおかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 56.1坪(17u)
【境内面積】 1262坪(4162u)
【氏子世帯数】 200戸
【崇敬者数】 
【交通機関】 西興部市街、バス停より徒歩10分
【由緒】
 村史に依ると「大正10年に及び阿部時平等議して、神殿拝殿の建築に到らしめ、同年9月札幌神社の御分霊を拝し瀬戸牛神社と称へ、瀬戸牛、六興、忍路子の守護神として、同月14日祭典を挙行せり」とある。昭和8年神社改築の声が高まり改築造営は柳田村長が委員長となり、設計は佐呂間村役場に委託、昭和9年7月1日着工、同年9月3日竣工した。総工費2350円、内訳1700円は村費、650円は氏子の寄進に依る。昭和10年11月村社に昇格、翌11年神饌幣帛料供進神社に指定された。昭和39年社殿腐朽が目立ち始め神社の改築が決まり、三浦新次らの提唱に依り、建築材は総てオンコ(イチイ)造りとし、建築材の1切は三浦新次の寄進により、同年9月竣工した。予算70万円、建築用オンコ材料代金約75万円は三浦新次の寄進に依り予算に含まれていない。
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。