室蘭八幡宮 (室蘭市)
【所在地】
〒051-0022 
室蘭市海岸町2丁目9番3号

電話 0143-22-2428
FAX 0143-23-6800

【例祭日】
8月15日
【祭神】
誉田別尊(ほんだわけのみこと)
保食神(うけもちのかみ)
琴平神(ことひらのかみ)
【旧社格】
県社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 250.6坪(827u)
【境内面積】 7,430.9坪(24,521.9u)
【氏子世帯数】 18,356世帯
【崇敬者数】 1,040人
【交通機関】 
【由緒】
 明治元年旧暦8月15日、室蘭郡支配総鎮守神社として函館八幡宮より御分霊を奉斎し、現市内崎守町に御創立。明治8年琴平神・保食神を合祀して現在地に御遷座、郷社八幡神社と称す。此の時噴火湾に寄り鯨漂い、漁民之《これ》を獲えて開拓使に買上を願い、その費用を用いて御造営御遷座執行の故を以て「鯨八幡」と愛称される。明治44年9月6日、大正天皇東宮として御登山港湾御展望の折、松のお手植あり。大正4年9月21日神饌幣帛料供進神社に指定。大正11年7月23日、昭和天皇攝政宮殿下として行啓の折先帝陛下の御跡尋ねられ水松の御手植在らせられる。大正13年8月14日県社に御昇格。昭和13年御大典記念事業の御社殿大造営竣功。昭和21年宗教法人設立。昭和27年現社名に変更。昭和43年御鎮座百年記念事業の南参道改修工事竣功。平成4年御大典記念事業の表参道、車参道改修工事竣功。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
トッカリムイ神社 保食神 明治8年8月合祀・ベキリウタ神社 琴平神 明治8年8月合祀
 
【社宝等】
箱館八幡宮銘入朱塗瓶子
石斧
砲弾
神像
太刀「皇丸」(銘俊秀)
刀剣(5)絵馬(14)
【特殊神事】
室蘭神楽(明治34年新潟県三條市伝承の三條神楽が伝播)平成10年5月7日室蘭市指定民俗文化財に指定
【境内外末社】
室蘭招魂社(むろらんしょうこんしゃ) 護国の英霊
室蘭三吉神社(むろらんみよしじんじゃ) 藤原三吉命(ふじわらのみよしのみこと)
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。