支安平神社 (安平町)
【所在地】
〒059-1512 
勇払郡安平町早来瑞穂1210番地

電話 01452-2-2086
【例祭日】
9月11日
【祭神】
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 15坪
【境内面積】 3,000坪
【氏子世帯数】 48世帯
【崇敬者数】 130人
【交通機関】 JR室蘭線安平駅より車で10分
【由緒】
 明治26年単身シアビラの地に入って水田をひらき本町における最初の水稲試作に成功した布広杢太郎は鳥取県より北海道へ移住の際、郷里の氏神を仰ぎたく御分霊を請い受けて奉持し、明治28年この地に小祠を建ててこの分霊を祀り、鳥取移住民の鎮守の神として、これを崇敬し五穀豊穰と地区住民の安全を祈念してきた。昭和15年11月氏子一同協議のうえ支安平神社の公認を得、内務大臣あて支安平神社創立許可願いを提出、同年5月29日無格社支安平神社創立が許可された。
 
【社宝等】
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。