義經神社 (平取町)
【所在地】
〒055-0107
沙流郡平取町本町119番地1

電話 01457-2-2432
FAX 01457-2-2431

【例祭日】
8月15日
【祭神】
源九郎判官義經公(みなもとのくろうはんがんよしつねこう)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 入母屋造
【社殿面積】 57.1坪
【境内面積】 3083坪(10.1u)
【氏子世帯数】 2663世帯
【崇敬者数】 300人
【交通機関】 JR日高本線富川駅より車で10分(国道237号線を北上)、新千歳空港より車で70分
【由緒】
 寛政10年(1790)の頃、幕府巡検使近藤重蔵は、この地の先住民達が、源九郎判官義經公を慕い神と敬仰しているのを知り、小祠をハヨピラの巌峰に祀り、後に江戸神田住大仏工法橋善啓に公の尊像1体を彫らしめ奉安(背面に寛政11年巳末4月28日、近藤重蔵藤原守重、比企市良右衛門藤原可滿の彫あり)。明治9年2月村社列格。同17年8月小松宮彰仁親王殿下御台臨祭祀料賜る。同34年水害のためホンスマンナに社殿造営。同39年11月13日神饌幣帛供進神社指定。同44年9月11日皇太子殿下北海道行啓時使者として甘露寺侍従の御代拝賜る。大正9年8月15日社殿造営。同11年7月22日摂政宮殿下北海道行啓時使者として本多侍従の御代拝賜る。昭和16年3月25日郷社列格、同年10月10日義經社を義經神社に変更。同17年1月23日神饌幣帛供進神社に指定。同21年6月19日北承2百32号にて宗教法人。同36年8月15日現社殿造営。同41年6月23日3笠宮殿下御台臨。同48年8月4日高松宮殿下御台臨賜る。
【社宝等】
御神像
【特殊神事】
「矢刺しの神事」初午祭(毎年2月初旬午の当日)にて御神馬馬上より直垂姿の所役がその年の歳破の方角に向って鏑矢を3射する。
【境内外末社】
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。