氷川神社 (新冠町)
【所在地】
〒059-2404
新冠郡新冠町字東町4番地1

電話 01464-7-2326
FAX 01464-7-2430

【例祭日】
8月1日
【祭神】
素戔嗚尊(すさのおのみこと)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 23.5坪(76u)
【境内面積】 1450坪(4600u)
【氏子世帯数】 2200世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR新冠駅から徒歩10分
【由緒】
 ニイカップ会所詰本庄五右衛門・ニイカップ場所請負人浜田屋左治平・支配人作蔵が協議の上、武蔵の国一の宮(埼玉県大宮市)の氷川神社を勧請することに決定、御分霊を高江村字タカエサラ(現在の判官館付近)に奉斎したことに始まる。翌文久元年(1861)9月16日、京都の仏師長沢庄太郎製作の御神像を奉安し、「今上天皇宝祚萬々歳征夷大将軍武運長久、天下泰平国土豊饒場所漁業安全」の守護神とした。明治4年に村社、同8年に郷社となり明治15年に現在地に移転した。明治43年社殿の老朽化が進んだため改修、更に昭和16年8月1日新社殿が大工藤本梅吉により竣工し遷座祭を斎行した。昭和36年10月16日八幡宮を合祀し現在に至る。同名の神社は埼玉県に162社、北海道には当神社1社のみである。
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。