住吉神社 (様似町)
【所在地】
〒058-0027
様似郡様似町潮見台10番地1

電話 01463-6-2421
FAX 01463-6-2421

【例祭日】
9月15日
【祭神】
底筒男命(そこつつおのみこと)
中筒男命(なかつつおのみこと)
表筒男命(うわつつのおのみこと)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 30坪(90u)
【境内面積】 600坪(360u)
【氏子世帯数】 1500世帯
【崇敬者数】 20人
【交通機関】 JR日高本線様似駅よりバスで10分
【由緒】
 古い記録によると、様似住吉神社の御鎮座は宝永3年(1706)当時の代官佐野屋仙右衛門が1小社を建設し、観音木像・稲荷神・弁財天を「シャマニ」の東端に祀ったのに始まる。その頃に大坂住吉大社の護符が海上を漂流しているのを発見し、これを共に祀り、後々海上の守護神として一般の尊崇を集め、明治4年、神祇官により郷社住吉神社をもって社号とするようになった。明治28年6月暴風雨のため社殿と鳥居が倒壊したので明治30年10月15日現在の地に移転した、現在の社殿は、昭和12年10月13日に、道内でも唯一の本町産五葉松によって建てられている。
【社宝等】

【特殊神事】
昭和19年より童女をもって神楽舞を奉仕している
【境内外末社】
冬島神社 稲荷神(いなりのかみ)
【ホームページ】

http://homepage1.nifty.com/s-sumiyoshi/
【E-mail】
zin@cocoa.ocn.ne.jp
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。