稲荷神社 (様似町)
【所在地】
〒058-0033
様似郡様似町字鵜苫306番地

電話 01463-6-2421
FAX 

【例祭日】
9月21日
【祭神】
保食神(うけもちのかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 10坪
【境内面積】 100坪
【氏子世帯数】 200世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR日高本線様似駅よりバスで10分
【由緒】
 創祀の年代は不詳であるが、会所の鵜苫番屋の漁場の稲荷としてすでに祀られており、明治2年に会所が廃止されてからは、鮭建網場所を年賦払下げをうけて経営していた和田武次郎が祀っていた。明治15年頃には矢本蔵五郎が漁場を譲りうけた。現在当神社の参道中頃に鎮まる小祠がそれであるという。明治37年4月、第1次鵜苫尋常小学校の校舎の老朽化が進んだため、様似尋常小学校に合併したが、その際鵜苫尋常小学校跡地にこの稲荷神社を移転、社殿を新たに建立して、鵜苫地区の鎮守とした。更に大正9年にはこの社地に分教場を建てることとなり現在地に移転された。
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。