清川神社 (帯広市)
【所在地】
〒080-2102 
帯広市清川町基線130番地

【例祭日】
9月2日
【祭神】
大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)
大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
少彦名大神(すくなひこなのおおかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 15.5坪
【境内面積】 90坪
【氏子世帯数】 85世帯
【崇敬者数】 100人
【交通機関】 JR帯広駅より車で35分
【由緒】
 当清川地区は明治35年初めて農民が移住し、開拓の鍬を入れその後年と共に移住民が増加したが、安住敬神の対象となる神社がないため、地域の崇敬者が協議の上、大正4年10月4日大正天皇御即位を記念し、草葺の小祠を建立し、開拓の三神(大国魂大神、大巳貴大神、少彦名大神)を鎮斎し、地元の鎮守の神社として今日に及ぶ。昭和14年9月現在の本殿・幣殿・拝殿等を建設、昭和21年10月20日創立申請、昭和21年11月3日神社本庁より創立が承認され、昭和22年1月10日設立登記を完了した。
 
【社宝等】
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。