西士狩神社 (芽室町)
【所在地】
〒082-0003 
河西郡芽室町西士狩北4線42番地

【例祭日】
9月13日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
大己貴命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 14.2坪(47u)
【境内面積】 1,963坪(6,490u)
【氏子世帯数】 59世帯
【崇敬者数】 218人
【交通機関】 根室本線芽室駅より5q
【由緒】
 芽室村における最初の開墾地で、地味が肥沃なことから来住者が増加し、一村を形成したが神社がなく、敬神上甚だ遺憾として明治34年10月20日喜多辰蔵・森本仙吉等の尽力で同地区中央部の北4線92番地の防風林中に神社敷地として500坪の国有地の解除を得て、地区の人々の寄付金300円を求めて神殿を建てたのが始まりである。明治41年12月神社創立を出願し、翌42年8月許可を受け、44年9月13日落成及び遷座式を挙行し例祭を毎年9月13日と定めた。鳥居をはじめ燈籠・社号標などの寄進が相次ぎ境内の整備が進み、昭和12年8月35坪の社務所を新築更に昭和45年に至り神殿14.2坪を改築した。
 
【社宝等】
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。