羽帯八幡神社 (清水町)
【所在地】
〒089-0356 
上川郡清水町字羽帯南2線100番地

【例祭日】
9月8日
【祭神】
応神天皇(おうじんてんのう)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 15坪
【境内面積】 300坪
【氏子世帯数】 50世帯
【崇敬者数】 50人
【交通機関】 JR根室本線羽帯駅下車
【由緒】
 大正4年(1915)この地区に入植した佐藤新平・渡辺岩次郎が中心となり祠を設け応神天皇を地区の守護神として祀った。大正8年社殿建築の話がまとまり、在郷軍人諸氏が中心となって拝殿・幣殿を併せて14坪の社を建設し、昭和8年には改めて京都石清水八幡宮より御分霊を迎えて奉祀した。昭和25年4月宗教法人となった。境内は自然木が生い茂り春は桜、秋は紅葉と国道を行く人の目を楽しませてくれる。
 
【社宝等】
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。