大勝神社 (清水町)
【所在地】
〒089-0241 
上川郡清水町字熊牛63番地

【例祭日】
9月15日
【祭神】
大國魂神(おおくにたまのかみ)
大名牟知神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 13坪(43u)
【境内面積】 11,373坪(37,597u)
【氏子世帯数】 150世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR十勝清水駅より10q、車で20分
【由緒】
 明治37年に熊牛西2線77番地に小さな社祠を建て、地域守護神として敬仰した。大正元年9月に十勝開墾会社から神社敷地ならびに基本財産として5haの寄付を受け、札幌神社の御分霊を戴き、大正の年号および十勝の名称各一字を取り大勝神社と名付けた。大正12年2月創立を申請し、翌13年3月31日認可を受けた。昭和28年11月16日宗教法人法による宗教法人の認証を受け現在に至る。尚、昭和49年、道自然保護条例に基づき保護地区に指定された。
 
 
【社宝等】
北海道自然保護地区
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。