音更神社 (音更町)
【所在地】
〒080-0103 
河東郡音更町元町3番地9

電話 0155-42-2170
FAX 0155-42-2210

【例祭日】
9月23日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 向拝付神明造
【社殿面積】 63.5坪
【境内面積】 12,000坪
【氏子世帯数】 2,922世帯
【崇敬者数】 20,000人
【交通機関】 JR帯広駅より、拓殖バス・十勝バス、音更下車。
【由緒】
 明治33年9月、仁礼子爵の経営に関る音幌農場内に神祠を設け、天照皇大神を祀り音幌神社と称したのを創祀とする。翌、34年9月に音更村開基と共に音更神社と改称し、現在の音更町元町に遷座する。大正11年には昭和天皇行啓記念として、高台と下台を結ぶコンクリート製階段等を設ける。昭和8年には村社として列格される。又幣帛供進社として指定村社の列格をも受ける。昭和21年宗教法人となる。爾来数社の社を合祀し、町の総鎮守として氏子・崇敬者の参拝を受ける。昭和62年には参集殿、平成の御大典記念には御神池の改築等、弥々境内整備も進み御神威高揚と共に参拝者も増えている。本殿においては90有余年経過し、平成11年、御創祀百年記念事業として社殿の造営がなされ、平成14年に社務所の改築が成され、平成21年8月には御創祀百十年記念事業として、正参道(200m)の全面改修、石燈籠20基新設、社号標(高さ5m、重さ9t)等が奉納された。又、境内地には、樹齢500年を超える御神木等が素晴らしい音更の杜を形成している。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
開進神社 天照大御神 昭和38年合祀・北昭和神社 天照大御神 昭和40年合祀・音幌馬暦神社 天照大御神 昭和48年合祀・福平神社 天照大御神 昭和54年合祀
 
【社宝等】
盧山の「絵馬」
その他 北海道環境緑地保護地区、十勝名木百選、音更町名木美林指定
【特殊神事】

【境内外末社】
姫宮神社(ひめみやじんじゃ) 姫宮稲荷神(ひめみやいなりのかみ)
辯財天宮(べんざいてんぐう) 辯財天神(べんざいてんのかみ)
忠魂碑 音更町関係の御英霊

【音更神社ホームページ】
http://otofukejinja.g-box.net/
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。