糠内神社 (幕別町)
【所在地】
〒089-0786 
中川郡幕別町字糠内256番地

【例祭日】
9月13日
【祭神】
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 10坪(33u)
【境内面積】 1,604坪(5,294u)
【氏子世帯数】 70世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 幕別駅下車で徒歩20分
【由緒】
 明治37年日露戦役当時、五位団体住民が相談し、開拓の安全と戦勝を祈願するため、郷里の富山県西砺波郡西五位村の村社「五位神社」の分霊を糠内の地に奉祀し五位神社分社とした。社殿の造営は吉田平一郎以下33名が材料を持ち寄り労力を奉仕して仮社殿を建築し、遷座祭を執行した。明治42年地区の総会で五位団体のみの神社ではなく、地域の総鎮守とすることになり、「糠内神社」と改称した。また西糠内・中糠内の開発進展から戸数も増加し、神社を地域中央の現在地に移すことになり、氏子一同が奉仕して鳥居・社殿を建築した。明治41年には59戸だった氏子も大正初年に100戸を越え、社殿の狭隘にともない大正4年大正天皇即位を記念して社殿を造営した。昭和16年紀元2600年を記念し神社昇格申請を提出、翌17年12月無格社として公認された。昭和22年宗教法人となった。
 
【社宝等】
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。