本別神社 (本別町)
【所在地】
〒089-3332 
中川郡本別町朝日町5番地1

電話 0156-22-2038
FAX 0156-22-2038

【例祭日】
9月20日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
神皇産霊神(かみむすびのかみ)
宇賀神(うかのかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 24坪
【境内面積】 6,000坪
【氏子世帯数】 3,950世帯
【崇敬者数】 300人
【交通機関】 十勝バス本別停留所より徒歩2分
【由緒】
 明治29年本別地方に開拓の鍬が入り、翌明治30年、本別地方鎮護の神として、現社殿東北山腹に宮柱を建て、天照大御神を奉斎するを以て創祀とした。次いで明治34年本殿を建て若宇迦賣命を増祀、明治44年神社境内を定め、大己貴命、少彦名命を増祀した。明治45年拝殿を造営。大正7年11月27日本別神社創立が許可された。昭和3年、御大典記念事業として明治45年造営の社殿後方山すそに現在の社殿が本建築にて建てられる。昭和5年、一躍郷社に列格、昭和6年より15年位までに大鳥居、第2鳥居、石灯籠、御神輿、神具等が奉納された。昭和29年社務所を改築(98坪)昭和32年御創祀六十年記念事業として造林地造成が始まる。昭和43年事務室増築、昭和49年、本別町美里別東地区にあった中村神社の廃社に伴い、造化の三神を合祀した。昭和52年、社殿屋根を銅板に葺替(御創祀八十年記念)、昭和62年、第四階段を御影石に改築(御創祀九十年記念)、平成7年100年記念事業として、社務所を社務所及び参集殿(270坪)として改築、平成9年百年記念大祭を執行。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
中村神社 天御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神 明治33年創祀 昭和48年11月9日合祀
 
【社宝等】
【特殊神事】
11月8日(立冬)御神火祭(合祀した中村神社特殊神事を復元)本別神社里神楽(旧中村神社崇敬団の神楽を復元)
【境内外末社】
十勝大山神社(とかちおおやまじんじゃ) 大山祇大神(おおやまずみのかみ) 石長姫神(いわながひめのかみ) 木花咲夜姫之神(このはなさくやひめのかみ)
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。