この項では、氏子の皆様の日常のまつりごとのきまりや、その由来【ゆらい】について″神棚まつり″を中心に、わかりやすく解説いたしました。
 内容は北海道神社庁が平成15年に全道の神社に実施致しました、アンケート調査「北海道における家庭祭祀の動向」などを参考に、北海道の一般的な慣習に基づいています。
 ご一読くださいまして、家庭や会社などの神棚まつりを通して、神社神道への理解を更に深めて戴ければ幸いです。


神棚はどのような所におまつりしたらよいでしょうか。また正しい向きを教えて下さい。
神札の本来の意味を教えて下さい。
神札の納め方はどのようにしたらよいでしょうか。
神棚をまつるにはどのようなものが必要ですか。
毎日のおまいりと、お供物について教えて下さい。
神棚をおまいりする作法を教えて下さい。
神棚におまいりするときは、なんと言ったら良いのですか。
お正月を迎えるための準備はどのようにしたらよいでしょうか。
歳神様ってどういう神様ですか。
紙垂の意味と種類を教えて下さい。
古い神札やお守はどうしたらよいでしょうか。

家族や親類に不幸があった場合、神棚のおまいりはどうしたらよいでしょうか。
忌中と喪中の違いは何ですか。


 神社神道は本来氏神信仰ですから、神社や地域により違いがあります。詳しくは氏神【うじかみ】様(地域の神社)にご相談下さい。

道内の神社検索はこちらから



戻 る


(c) 平成15年(2003) All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。