北海道神社庁



〜コンテンツ〜


神社本庁・神社庁の沿革

 神社本庁は、昭和21年2月3日、全国の神社の総意によって設立を見ました。これより先、昭和20年8月15日、我が国は連合国軍のポツダム宣言を受諾して終戦を迎えました。進駐してきた連合国軍総司令部は矢継ぎ早に日本改造に着手、その一貫として昭和20年12月15日にいわゆる「神道指令」を発し、神社と国家の分離を命じました。
 そのため神社界は、当時民間団体であった皇典講究所(こうてんこうきゅうしょ)、大日本神祇会(だいにっぽんじんぎかい)、神宮奉斎会(じんぐうほうさいかい)の3団体が相寄り、短期日のうちに占領行政に対処し、新たに「神社本庁」を設けて、道統の護持にあたることになりました。北海道には「北海道神社庁」が昭和21年2月24日設立されました。
 その後昭和27年、サンフランシスコ講和条約発効の後は、いわゆる「神道指令」によって不当に圧迫された神社信仰の回復に意を注いできました。対社会的活動の一つとして建国記念の日制定・元号法の制定などは、その成果です。


【TOP】