■ 北海道神社庁からのお知らせ ■




● 自然体験活動 「お宮とこども in登別」
平成22年6月19日 更新

 北海道神社庁三区教化委員会では、自然体験活動「お宮とこども in 登別」を開催致します。

■日時 平成22年8月5日〜7日 2泊3日
■会場 登別ネイチャーセンター フォレスト鉱山
■対象 小学校1年生〜中学生まで(保護者の方も参加出来ます)
■参加費 5,000円 (大人8,000円)
■申込締切 7月10日


 詳しくはこちらのパンフレットをご覧下さい。




● 北海道神社庁網走支部総代会設立50周年記念講演会
平成22年6月19日 更新

 北海道神社庁網走支部総代会では、設立50周年を記念し講演会を行います。

■日時 平成22年7月11日午後3時30分
■会場 ホテル黒部(北見市北7条西1丁目)
■講師 竹田恒泰先生
■講演 「皇室から考える日本の国づくりと伝統文化


 詳しくはこちらのパンフレットをご覧下さい。




● 親子で巡る道南神社バスツアー
平成20年7月10日 更新



■主催 北海道神社庁2区教化委員会
■共催 北海道神社庁道南・檜山・後志支部
■協力 渡島神道青年会 / 函館楽所
■日時 平成20年9月28日(日)
■参加費 ひとり1,000円(昼食代、保険料含)
■参加定員 50名
■申込締切 9月20日
■集合場所 函館八幡宮社務所前集合(午後4時解散予定)

※詳しくは画像をクリックするか、こちらをご覧下さい。(pdfファイルにて表示します)



● 雅楽のページ
平成20年4月8日 更新

 北海道神社庁のホームページでは、新たに雅楽のページを新設致しました。今までは当お知らせページ内にて研修会の要綱を掲載しておりましたが、以後の掲載につきましては、こちら雅楽のページ内にて掲載をさせて頂く形となります。よろしくお願い致します。




● 第57回雅楽研修会・第71回雅楽講習会
平成19年12月20日 更新

■主  催 北海道雅楽振興会
■後  援 北海道神社庁
■日  時 平成20年2月9日(土・先負)午後12時30分〜
           〜 10日(日・仏滅)午後1時30分まで(二日間)
■場  所 北海道神社庁 研修室
        札幌市中央区宮ケ丘474−35
        電話011(621)0769 FAX011(621)1036
■講  師 神社庁雅楽講師・神社庁雅楽講師補
■対  象 初級者
■会  費 7,000円(当日受け付けます)
■携行品 譜面、楽器、筆記用具、その他必要と思われるもの。
■申込締切 
平成20年1月28日迄 に文書、FAXで御連絡下さい。
        ※住所、生年月日、楽器、宿泊の有無をお知らせ下さい。
        (宿泊費 別途 1,000円)
■申込先  北海道雅楽振興会
       札幌市中央区宮ケ丘474番地35 北海道神社庁内 
       電 話011(621)0769
        FAX011(642)1036
■その他 2月9日は、午後12時30分より開講式ですので、15分前迄に受付を済ませて下さい。見学等をご希望の方はご相談下さい。





● 第68回・69回・70回雅楽講習会
平成19年8月17日 更新

■主  催 北海道雅楽振興会
■後  援 北海道神社庁
■日  時
   第68回  9月24日 (月・先負)午後1時〜午後6時
   第69回  10月7日(日・仏滅)午後1時〜午後6時
   第70回  11月4日(日・先負)午後1時〜午後6時
■場  所 北海道神社庁 研修室
        札幌市中央区宮ケ丘474−35 電話011(621)0769
■講  師 神社庁雅楽講師・神社庁雅楽講師補
■対  象 初級者
■会  費 1,000円(当日受け付けます)
■携行品 譜面、楽器、筆記用具、その他必要と思われるもの。
■楽  器 笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の内、一管を希望により練習していただきます。楽器の紹介はいたしますので、ご相談下さい。
■練習課題 越天楽(越殿楽)等
■申込締切 第68回 9月20日迄
         第69回 10月4日迄
         第70回 11月1日迄
        北海道神社庁内の北海道雅楽振興会へお申し込み下さい。(FAX可)
■申込先  北海道雅楽振興会
       札幌市中央区宮ケ丘474番地35 北海道神社庁内 
       電 話011(621)0769
        FAX011(642)1036





● 伊勢神宮展
平成19年3月20日 更新

 ※終了致しました。


■日  時 平成19年 4月24日(火)〜4月30日(月)
         午前10時〜午後8時まで(最終日は午後6時まで)
■場  所 札幌三越10階特別会場 (札幌市中央区南1条西3丁目)

■入 場 無 料

 伊勢神宮、式年遷宮について、写真パネル・映像等で詳しく解説をし、御神宝・祭器具類などを展示致します。また、伊勢神宮崇敬会による販売コーナーなどもあり、どなたでもお気軽にお越し戴けます。更に会場には特設ステージがあり、日替わりで北海道内での伝統芸能、舞楽、神楽等の奉奏が行われます。詳しくはこちらを御覧下さい。

■主  催 伊勢神宮式年遷宮広報本部
■後  援 神宮司庁、伊勢市、日本商工会議所、(社)北海道商工会議所連合会、伊勢商工会議所、北海道新聞社、北海道放送、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送
■協  賛 神社本庁、(財)伊勢神宮式年遷宮奉賛会、神社新報社、北海道神社庁、(財)伊勢神宮崇敬会、(社)三重県観光連盟、(協)三重県物産振興会
■主  管 北海道神社庁札幌支部




● 第58回・59回・60回雅楽研修会
平成18年9月7日 更新

■主  催 北海道雅楽振興会
■後  援 北海道神社庁
■日  時
   第58回  9月16日 (土・赤口)午後1時〜午後6時
   第59回  10月22日(日・先負)午後1時〜午後6時
   第60回  11月18日(土・赤口)午後1時〜午後6時
■場  所 北海道神社庁 研修室
        札幌市中央区宮ケ丘474−35 電話011(621)0769
■講  師 神社庁雅楽講師・神社庁雅楽講師補
■対  象 初級者
■会  費 1,000円(当日受け付けます)
■携行品 譜面、楽器、筆記用具、その他必要と思われるもの。
■楽  器 笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の内、一管を希望により練習していただきます。楽器の紹介はいたしますので、ご相談下さい。
■練習課題 越天楽(越殿楽)等
■申込締切 第58回 9月13日迄
         第59回 10月19日迄
         第60回 11月15日迄
        北海道神社庁内の北海道雅楽振興会へお申し込み下さい。(FAX可)
■申込先  北海道雅楽振興会
       札幌市中央区宮ケ丘474番地35 北海道神社庁内 
       電 話011(621)0769
        FAX011(642)1036





● 第11期神社本庁振興対策教化モデル指定神社
平成18年6月1日 更新

 ■ 羅臼神社 ■

 平成20年までの活動になります。7月8日には、演題「羅臼の神様」−大國主命を中心に−と題して、講師冬村勇陽先生による神道講演会が開催されます。その他、絵画コンテスト・お宮とこども・ホームページの拡充・社報刊行等が予定されています。


 羅臼神社の公式ホームページはこちらです。



● 第53回雅楽研修会
平成18年2月2日 更新

■主   催  北海道神社庁研修所
■日   時  平成18年2月18日(土・先負)〜19日(日・仏滅)  2日間
■場   所  北海道神社庁 研修室
          札幌市中央区宮ヶ丘474 電話011−621−0769
■講   師  神社庁雅楽講師・講師補
■対   象  初級者
■会   費  神職 : 6,000円(当日受け付けます)
          一般 : 7,000円(当日受け付けます)
■携 行 品   譜面・楽器・筆記用具・その他必要と思われる物。
          宿泊希望の方はその旨、申込用紙に記入下さい。(宿泊費1000円別途)
■参加者心得  1. 2月18日は、午後12時30分より開講式ですので、15分前迄に受付をすませて下さい。
           2. 全日程を修了された方には修了証が授与されます。
■申込締切  2月8日までに神社庁宛に申込み下さい。





● 皇室典範を考える札幌の集い
平成17年12月1日 更新

 金美齢先生をお迎えして「皇室典範を考える札幌の集い」を開催致します。皆様方の御来場をお待ちしております。

 ■日 時 平成17年12月23日(天皇誕生日)
          午後1時 開場
          午後1時30分 開会
          午後3時30分 終了予定
 ■会 場 札幌市中央区南4条西2丁目アオキビル地下1階
        エンペラー
        ※国道36号線沿い、北向き
          地下鉄南北線すすきの駅下車〜徒歩2分
 ■参加費 無料
 ■主 催 皇室典範を考える札幌の会
        札幌市中央区宮ヶ丘474 電話011−621−0769(担当 佐藤)





● 北方領土神社跡調査報告書発刊
平成17年10月16日 更新

 このたび、長年の懸案であった『北方領土の神社〜千島・北方領土社寺教会日露共同調査報告書〜』を発刊いたしました。平成13年に神社庁は「北方領土文化日露共同学術交流実行委員会」を組織し、イゴール・サマリン氏(サハリン州郷土博物館)に北方領土の学術踏査を依頼するとともに資料の蒐集につとめ、創立年、名称の不明神社もありますが本書の刊行によって、北方領土・千島列島の神社の概要の一部が明らかになりました。編集委員長である山田一孝(静内神社宮司)氏、前田康(金刀比羅神社宮司)氏、川上淳(札幌大学助教授)氏、前田孝和(神社新報社部長)氏の資料発掘蒐集及び研究の成果であり、多大なるご尽力に感謝申し上げます。

お問い合わせは 神社新報社へお願い致します。
 



● 2005 最北の神社巡り スタンプラリー
平成17年6月11日 更新

 今年も最北の神社巡りスタンプラリーが開催されます。第10期神社振興対策教化モデル神社である、礼文町の厳島神社をはじめとして全7カ所の神社を参拝してスタンプをもらいましょう。記念品もあります。詳しくはこちらです。
 ・期間 平成16年 6月1日(水) 〜 9月30日(金)
 ・お問い合わせ 振興対策教化モデル神社 礼文島 厳島神社 01638-6-1852
            または、北海道神社庁まで
  
 
 
 



■ 頒布品のお知らせ ■

● 神宮大麻・古神札焼納祭啓発チラシ「なかいま」
平成17年9月27日 更新

 北海道神社庁で作成した、神宮大麻・古神札焼納祭ついての説明が詳しく書かれた用紙で、B5版(両面印刷1枚)とB4版(片面印刷1枚)です。


■「なかいま」B5版


 
■「なかいま」B4版




(c) 平成15年(2003) All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。